tattoo-regret

「タトゥーを入れて後悔した・・・」

「こんなことになるならタトゥーなんて入れなきゃよかった・・・」

タトゥーを入れて数年たつとそんな風に考える機会がある人が結構多いそうです。
でも、タトゥーを入れたかった人が何故タトゥーを入れたことを後悔してしまうのでしょうか?
この記事ではどこよりも詳しくその点について調べてみました。
ぜひご覧ください。

タトゥーをいれて後悔している人がほとんどっていうのは本当?どうしてそう思ったの?

美容外科の東京イセアクリニックが2017年9月25日タトゥーについてのアンケートを行いました。
ずばり「タトゥー・入れ墨への認識・イメージに関するアンケート調査」というタイトルでした。
調査は2017年9月12~13日にてWEB上で実施し、日本国内在住の20~40代の男女350人が回答しました。

気になるアンケート結果は?

アンケート結果を分かりやすいようにランキングにまとめてみました。
「タトゥーが入っている」を見かけたときの印象は?」という質問ついては次の通りでした。

「タトゥーが入っている」を見かけたときの印象は?」

    1. 第1位「怖い」(44.0%)

    2. 第2位「若気の至り、恥ずかしい」(29.4%)

    3. 第3位「生活に支障が出る」(26.9%)

    4. 第4位「不快、不愉快」(26.3%)

ネガティブなイメージが上位を占めましたね。
反社会的な方々のイメージの名残がまだまだ強いのかも知れません。

また、「タトゥーが入っている人は恋愛対象になるか?」という質問ついては次の通りでした。

「タトゥーが入っている人は恋愛対象になりますか?」

    1. 第1位「決して恋愛対象にならない」(42.0%)

    2. 第2位「どちらかと言えば対象にならない」(32.9%)

    3. 第3位「個人の自由。タトゥーの有無は特に問題ない」(25.1%)

恋愛に関しては男性のが潔癖で拒否感を表すことがわかりました。
女性(33.1%)に対して男性(50.9%)と女性の約1.5倍もの方が拒否感を示されるようです・・・。

上記の質問の中から第1位「決して恋愛対象にならない」(42.0%)と第2位「どちらかと言えば対象にならない」(32.9%)の回答者に対して、「タトゥーを入れている人は恋愛対象にならないというのはなぜ?」かと理由を聞くと、以下の通りになりました。

「タトゥーを入れている人は恋愛対象にならないというのはなぜ?」

    1. 第1位「両親に紹介できない」(56.5%)

    2. 第2位「怖い(反社会的なイメージ)」(46.9%)

    3. 第3位「子供に見せたくない」(42.0%)

    4. 第4位「不快(不愉快)」(35.1%)

実はこの質問、女性は男性を12ポイントも上回る結果となりました。
先ほどの恋愛と今度は逆の結果になるのが非常に面白いですね。
つまり、結婚に関しては女性のが男性よりも「結婚は神聖なもの」という意識が強いのかもしれません。

最後に「自分の子供が将来『タトゥーを入れたい』と言ったら、どうしますか?」という質問には、以下の通りになりました。

「自分の子供が将来『タトゥーを入れたい』と言ったら、どうしますか?」

    1. 第1位「絶対に反対」(48.6%)

    2. 第2位「どちらかといえば反対」(31.4%)

親としてなかなか賛成しにくいのは理解できますよね。

アンケートの結果からわかったことまとめ

タトゥーをすでに彫られている方は少し複雑な気持ちになったのではないでしょうか。
多くの方が恋愛や結婚をはじめ、人との出会いのタイミングで「タトゥーがあることがマイナスの印象を与えてしまう」ということが分かりました。
でもご安心ください。
このアンケートの回答者の多くはタトゥーを彫っていない人です。
現在タトゥーを彫っていて満足している人の感想とは大きく異なるものとなります。
また、あくまでも「イメージ調査」であるので、実際とは少し乖離している点はご理解ください。

なぜタトゥーを入れて後悔するの?

アンケート結果から、人との出会いのタイミングで「タトゥーがあることがマイナスの印象を与えてしまう」ということが分かったところで、そもそもなぜタトゥーを入れたくて入れた人が、いつかタトゥーを入れたことを後悔してしまうのでしょうか?

ライフイベントに応じて価値観の変化が起こる?それって男女で違いはあるの?

男女共通で生まれてからずっとライフイベントはつきものです。
特に女性は男性よりも年を重ねるごとにライフイベントが多くなり、タトゥーについて改めて考え直す機会は男性より女性は多いです。
例えば恋愛に、結婚式、更に出産、子育てという流れは、一人の女性からお母さんへと変身してしまうほど大きな変化が起こります。
環境の変化が起こるたびにタトゥーを入れたときに「必要なモノ」だったタトゥーも、自分の周り環境が変わり、過去の自分と同じように「必要なモノ」と考えることが出来なくなってしまうのは人それぞれであり、仕方のないことでもあると思います。

みんなはどんな時に後悔した?後悔したきっかけは?

みんなはどんな時にタトゥーを入れて後悔したのか?そのきっかけをライフイベントごとに体験者の声でまとめてみました。

恋愛

「ふくらはぎにがっつりタトゥーがあって、可愛いワンピースが着れない時。」

就職・転職

「私は20代前半の頃右腕に単色(紺色)で入れていました。当時は職種柄入れていても違和感なかったのですが、やはり転職を機に消そうと決めました。」

若いころに入れたタトゥーによって、就職の際に後悔される方は多いですね。
手の甲や指など目立つところにタトゥーが入っている場合は、面接の場合に聞かれたり、サービス業などの場合タトゥーがあると不合格にされることも。
また、転職しようと思った際に、タトゥーが入っていることで働ける職種が限られることもあります。
現在会社に勤められている方も、タトゥーが入っていることで昇進できなかったりと、その会社のコンプライアンスとして厳しいルールが敷かれているところもあります。
↓↓↓詳しくはこちらの記事で解説しています↓↓↓

タトゥーがあると就職できないは本当!?海外との違いは?

結婚

「ウエディングドレスを試着したときに、腰からタトゥーが見えるのでその時、タトゥーを消したいと感じました。」

結婚に関してはアンケート結果でもありましたが、とくに女性の方が後悔する場合が多いです。
女性の憧れでもある華やかな舞台で、よりきれいになりたい思いもあるからだと思います。
また、結婚式の際にも、肩や背中、腕などの目立つ場所にタトゥーが入っていることで、自分が着たいウェディングドレスが着れないなど、後悔をする場合もあります。
また結婚後も相手のご両親にタトゥーが入っていることを隠し、後ろめたさ感じている方も多いのではないでしょうか。

葬式

「大好きだっおばあちゃんがなくなった時。参列してくれる人に対して手の甲のタトゥーはなんか失礼なのかもしれないと感じました。」

ママ友

「ママ友との付き合いを続ける上で、タトゥーがあると私は行けないので、その時不便を感じました。」
夫の実家の両親や、保育園のお友達などに、母親のタトゥーの存在をすぐに話してしまうこともあります。
普段は隠していても、子供の保育園の先生や、ママ友、夫の両親にバレてしまうという可能性も高いため、妙な緊張感に耐えながら生活しなければと考えると・・・後悔する場合が多いです。

結構タトゥーを後悔していますと話を聞くのが、子育て世代の女性です。
子供とお風呂に入ったときに、子供がタトゥーに興味を示したり、それにお受験のタイミングなど、自分自身が隠していても、子供が周りの友達や、そのご両親、そして先生に喋ってしまうというのはよくあることです。
こういったことから悩まれているお母さんやお父さんは多く、この悩みを理解してくれる環境がすぐ近くに無いという家庭が多いです。

家族

「子供たちをプールに連れていけない時。」

家族

「家族と温泉に行ったら、入れ墨客お断りの温泉で入浴をしていたら、タトゥーが見つかって、店員に怒られた時。」

子供が増えることでライフイベントも2倍になります。
もう自分自身のことだけ考えるというのは終わりで、2倍気を付けなくてはならなくなります。
子供と一緒にプールに行きたくても、タトゥーが入っていることでプールに入れなかったり、温泉に行っても、誰もいない時を見計らって・・・などと周囲の目を気にしなくてはいけないのがツラいということもあります。

こうしてみてみると様々なライフイベントを通じて価値観が変わっていくのがわかります。
ですが、タトゥーを入れたことを後悔していないという声もあります。

「私も両肩に入ってるけど後悔したことないよ。プールも海も温泉も興味ないから誘われたときに断る理由になって便利(笑) 」

「私はタトゥー入れてる人で私を含めて、後悔してる人に出会った事がない。」

「わたしはただのワンポイントタトゥーなので、子供とのプールとかは絆創膏で隠せるから、プールや温泉はまったく支障ないです。」

このように、周囲の環境が変わっても自身の価値が変わらない方もやはりいらっしゃいますね。

特にタトゥーをいれて後悔する部位やサイズがあるって本当?部位別後悔ランキングの発表!

色んなコメントを見てからもわかるように周囲の人からも目立つような部位へのタトゥーやサイズの大きいタトゥーは不便を感じて後悔しやすいことがわかりました。
では特に不便を感じるようなタトゥーをいれて後悔する部位やサイズがあるかを調査しましたのでご覧ください。

    1. 手の指

      一年を通じて目立ってしまうのが手の指に入れたタトゥーです。
      手の指は、洋服などで隠すことが出来ません。
      就職での面接はもちろんのこと、就業している会社の人にもバレやすいです。
      指に入れている多くの方は絆創膏や化粧品などで隠している状況がずっと続くと思うと面倒ですよね。
      その面倒さがダントツの一位でした。

      1. 首や、耳の後ろなどにタトゥーを入れる方も多いです。
        特に女性からの人気の高いタトゥーポイントといえます。
        しかし、男性の場合は首を隠すほどの髪のある方というのが多くありません。
        サラリーマンの方であれば、清潔感から髪を短くするのがどちらかといえば一般的です。
        首は衣服で隠すことも難しく、朝に化粧品で隠す際も、時間がかかって面倒くさいという状況が生まれます。
        隠す面倒さがデメリットに感じやすくなりますね。

        1. 夏は半袖やタンクトップなど、腕を露出する機会が多くなります。
          ただタトゥーを隠すため、半袖やタンクトップを着ることが出来なかったり、後悔している方も多いです。
          また、サラリーマンやOLの方は、会社のみんなが半袖シャツの中、1人だけ長袖シャツを着ていてすごく不自然・・・という状況もよくあります。
          腕は、夏場に特に後悔する機会が多い部位です。

          女性がタトゥーを入れて後悔しやすい部位ってあるの?部位別後悔ランキング(女性編)の発表!

          女性はワンピースやミニスカート。
          更に若い方ならショートパンツやキャミソールなど男性よりも肌を露出する服も多いです。
          そういった露出面の多さでいえば女性のが部位に関して後悔するポイントも多いように感じます。
          女性がタトゥーを入れて後悔する場所はいったいどこなのでしょうか?
          調査の結果が次の通りです。

          肩は袖がある服を着ればとりあえず隠すことが可能です。
          でも多くの女性が肩にタトゥーを入れて後悔するタイミングというのがやはり、結婚式です。
          特別な結婚式で、タトゥーのことを話していない友人、それに新郎の両親にバレてしまうとまずいですよね。
          遠方からはるばる来てくれる参加者もいるので、そういった周囲の目を気にして、肩が出たウェディングドレスを着れない時に後悔する機会が巡ってきます。
          もちろん今どきは結婚式の料金にタトゥーを隠すというお仕事もあるので、それ自体は心配ないのですが、大きいサイズの肩のタトゥーは結構時間もかかりますし、汗をかいたりしてちょっとはがれちゃったらどうしようと不安な一日だとせっかくの結婚式も台無しですよね。

          背中

          背中全体に大きなタトゥーを入れている方もいらっしゃいます。
          ですが背中はワンポイントタトゥーであっても後悔することがあります。
          コチラも結婚式にの際にばれるとちょっと困るというのは方と同じ理由です。

          足首

          足首は、パンツスタイルでは隠すことができます。
          しかし、スカートや短いパンツを履くと確実にバレてしまいます。
          ストッキングで隠せれる色味のタトゥーであれば問題ないです。
          ですが、やっぱり困るのは夏場。
          暑いのをのを我慢してパンツスタイルにするのは結構めんどくさいですよね。
          後悔するポイントといえます。

          特に後悔しやすいタトゥーのテーマがあるって本当?

          特に後悔しやすいタトゥーのテーマ第一位は決まっています。
          ぶっちぎりでカップルタトゥーが危険です。
          カップルタトゥーとは男女カップルでお揃いのタトゥーを入れることです。
          このカップルタトゥー。
          圧倒的に後悔している方が多いです。
          日本でも有名なのはTOKIOの長瀬さんと浜崎あゆみさんのハートのタトゥーです。
          一時期結婚までいくと思われた2人は分かれ、別々の道を歩んでいます。
          このようにお互いのイニシャルが入ったものなどは、後々別れてしまった後に後悔するだけではなく、
          そのあとに付き合う、結婚したいと思うパートナーからするとそのタトゥーは、見て良い気持ちになることはまずありえません。
          更に子供が大きくなった時に、質問されたりすると・・・説明に困りますよね。
          この時に後悔することが多いそうです。
          カップルでタトゥーを入れる場合には、特に注意してください。

          後悔するのは日本人だけじゃない?海外のセレブも後悔しているは本当?

          Johnny Depp
          タトゥーを入れて困るパターンの一つはやはり過去の恋人とのもの。
          実はジョニー・デップもカップルタトゥーではないですが恋人とのタトゥーで後悔した一人なんです。
          1990年当時の婚約者ウィノナ・ライダーさんにむけて「ウィノナ・フォーエバー」というタトゥーを肩に彫りました。
          ですが3年後、ジョニー・デップとウィノナ・ライダーさんと破局します・・・。
          でもタトゥー彫っちゃったし・・・。
          その後、ジョニー・デップは「ウィノナ (Winona)・フォーエバー」というタトゥーをリメイクします。
          「ワイン(Wino)・フォーエバー」とします。
          日本語で意味は、永遠に飲んだくれと自虐的なタトゥーへと変化しました。
          この恋愛からの衝動的なタトゥーは結構海外のセレブは多く、ジャスティン・ビーバーもそのひとり。
          あっという間にタトゥーが増えたジャスティン・ビーバー。
          ジャスティンビーバー
          実は左手首に描かれた女性の顔は、あの当時付き合っていたセレーナ・ゴメスだといいます。
          タトゥーが好きで、自身のタトゥーコレクションの歴史を紐解いたジャスティンは「これは元カノ。顔にシャドーとかをいれてごまかしてみたけど、まだバレバレなんだよね」と白状しました。
          日本時の感覚からするとそんなに似ていないのですが・・・。
          次に付き合う恋人からすると目立つところにあるのは少し気が引けますよね。
          恋愛時の熱い思いをタトゥーにすると後悔しやすいので注意が必要ですね。

          「タトゥーを入れて後悔」しないためにできることは?

          タトゥーを入れて後悔するというのはライフイベントごとに価値観が変わっていくからだと理由がわかりました。
          逆を言えば、環境や状況が変わっても変わらないような不変なテーマや価値観で入れられたタトゥーであれば後悔しないということです。
          またタトゥーを入れたことに後悔している方の傾向として、どこにどんなサイズのタトゥーを入れようとも後悔してしまう傾向もあります。
          もしタトゥーを初めて入れたいと思い、いろいろと後悔しないようなものを考えたとしても、数年後先の未来に起こるライフイベントがどうなるかわからりませんよね。
          タトゥーを入れたことを後悔するときは、後悔してしまうものなのです。

          初めてタトゥーを入れたいと考えている方はどうしたらよいか?

          じゃあ初めてタトゥーを入れたいと考えている方はどうしたらよいか?
          ずばりワンポイントタトゥーがおすすめです。
          そして、できるだけ普段の服装で見えない部分へのタトゥーがおすすめです。

          タトゥーを入れて後悔している方の多くは、周囲のひとから見えるところに入れてしまったことで、他人の目を気にして生活しなくてはいけないという状況になりがちです。
          そのため、最低限、普段の服装では見えることが無い、腰や背中などにタトゥーを入れれば、後悔することは少ないでしょう。

          すでにタトゥーを入れて、ちょっと不便を感じている人はどうしたらよいか?

          すでに入れてしまってちょっと不便を感じている人にはこういった悩みを持たれる方が多いです。
          「毎朝、仕事に行く前にタトゥーを服装で隠したり、お化粧で隠したりするのがすっごく面倒なんですけど・・・」
          すでに入れてしまってちょっと不便を感じている人には一時的に隠すことをお勧めします。
          ↓↓↓タトゥーを隠すのに最も適していると話題のコンシーラーはコチラ↓↓↓
          シミ・クマ・キズ・タトゥーまでしっかり隠す強力コンシーラー




          ひと塗りするだけで驚くほどカバー力があり、多色づかいのタトゥーでも全然隠れます。
          ウォータープルーフ仕様で洗い物などで濡れても全然落ちません。
          多くの体験談もあり、タトゥーは消さずに今後も付き合っていきたいと思う方に断然お勧めのタトゥーを隠す方法です。
          今だけの限定キャンペーン中ですので、お急ぎください!

          もうタトゥーを消したい気持ちに傾いている人はどうしたらよいか?

          もうタトゥーを消したい気持ちに傾いている人には美容クリニックでのタトゥー除去をお勧めします。
          私個人としてはタトゥーは一生付き合っていけるものだと思っています。
          ですが、家族や大切な人へのために隠したり、除去したりすることも必要だと思っています。
          状況や環境に応じて自分で考えた行動であれば、それは全部正解だと思います。
          美容クリニックも色々あるので、タトゥー除去に特化している美容クリニックが安心です。
          ↓↓↓色々と探したりして最も口コミが良かったのがコチラでした。↓↓↓
          刺青・タトゥー除去なら半額モニター価格で!【池袋サンシャイン美容外科】

          人気の秘密は今だけWEB無料カウンセリングを実施しているので、みんな気軽に相談されているようです。
          いつか五日と先延ばしにしても解決しません。
          今だけ無料ですので、この機会にWEB無料カウンセリング相談してみましょう。